ダンボール緩衝材入門トップ >>

ダンボール緩衝材入門へようこそ!

ダンボール緩衝材入門へアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボール緩衝材入門

緩衝性抜群の人気商品なの紙は自然の素材として、古くから使われてきています。

紙製の段ボールだから、使い終わった後も原料としてリサイクルできます。

寸法呼称の表示方法は流れ×紙幅×積層ですので覚えましょう。

材質としては表クラフト50g/平米になります。

中芯に折りたたみコアを使用したPパネルです。

ダンボール緩衝材の特徴は段ボールは、強く軽く安全性に富んだ構造体を取っていることです。

品物の角に履かせることによって、製品の梱包スペースと梱包資材を節約することができるようになりました。

包装資材などに使用できるよう加工した板状の紙製品のことでもあります。

波状に加工した紙を表裏の紙で挟んで接着して発砲緩衝材にも使われています。

箱の形状によってはダイカッタによって型抜きして加工されるダンボールも日本には存在します。

本発明は製造工程および組立が簡素であるとともに、梱包物品の突起部分における保護効果の高いダンボール製緩衝材を提供しているのです。

最近の電気製品特にパソコンや薄型テレビなども発泡スチロールではなくダンボール製の緩衝材折り曲げたりたたんだりいています。

ダンボール緩衝材入門記事一覧

ダンボール緩衝材入門

緩衝材

緩衝材として

包装資材として

補助資材のあれこれ

当サイトについて

ダンボール緩衝材入門へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。